就職活動で企業から内定が出やすい人と出にくい人の明確な違いとは


就職活動で企業から内定が出やすい人と出にくい人の明確な違いとは

一人で就職活動を行っていると感じにくいかもしれませんが、世の中には就活で内定が出やすい人と出にくい人が存在します。

特に学生時代は「なんであいつは内定を何個も貰っているのに自分は一個も取れないんだ」と頭を悩ませる方も多いと思います。

同じ大学、同じような経歴の持ち主でいったいどこに差が出るか疑問に感じていると思うので、今回は私が感じた内定が出やすい人と出にくい人の違いについてご紹介していきます。

基本的だけど重要な項目

 

  • 見た目

就職活動で企業から内定が出やすい人と出にくい人の明確な違いとは

実際、就活での面接は平等になされていません。

あるデータによると、ブサイクよりも当然イケメンの方が、美人の方が内定が貰いやすいことがわかっています。

上記の画像は試してガッテンによる調査ですが、他の実験でも同じような結果になっています。

これは職種にもよりますが、例えば営業職の場合だと当然顏が整っている方が契約に至りやすいですよね。

自分が客だとして、すごく美人の女性に「いかがでしょうか?」と言われたら美人が故に契約してしまう可能性もあるでしょう。

一方、ブサイクな人だと話しすら聞いてもらえず相対的に契約が取りづらくなります。

「顏採用」なんて本当にあり得るのか疑問に感じていると思いますが、顏が良いとそれだけプラスに評価されるということです。

ちなみに、面接官がもし女性だった場合は美人の女性は内定を取りづらいそうです。

男性は容姿が整っている同性を見ても「カッコイイ」と普通に評価しますが、女性の場合は「憎い」と思ってしまう男女の脳の違いが関係しています。

とはいっても、実際女性の面接官は非常に少ないですからそこらへんはあまり考えなくて良いと思います。

 

  • 元気かどうか

就職活動で企業から内定が出やすい人と出にくい人の明確な違いとは

「面接は内容よりもその人の印象で決まる」というのはよく言われますが、本当です。

面接した時に「明るくて、元気でいい子そうだな」と思われれば内定を取れる確率はかなり高くなるでしょう。

就活がすぐ決まった人が意識していたのは、明るさだと言います。就活で大事なのは、第一印象だというのを知っていたのでしょう。ですから、就活では明るい声で明るい表情で喋るのを意識していたのです。明るい声と表情の人物は、就活ではまず間違いなく第一印象は良くなります。そして、内定がすぐにとれるようになっていくのです。

参照元:キャリアパーク

 

私の友人にも内定を6社からもらった人がいますが、その人はいつも陽気でかなり明るくて元気でした。

特に容姿が良いとか、頭が良いとか、仕事が出来そうなイメージは微塵もなかったのにこれだけ内定が取れたのは面接での印象が相当良かったからでしょう。

内定を取る最大の秘密は第一印象で面接官に「元気で明るい人」というイメージを持たせることです。

具体的には笑顔を作ったり、はきはきした声で喋ることが重要になってきます。

明るい人はどんな業種にとっても共通して良いイメージを持たせることが出来るため、重要視されていると言えます。

 

  • 企業に必要だと思わせることができるか

就職活動で企業から内定が出やすい人と出にくい人の明確な違いとは

例えばIT系の会社で、SEの仕事の募集をしていたとした場合に

A「プログラミングを使ってアプリの開発をしたことがあります」

B「アルバイトで接客業をやってきたため、コミュニケーション能力には自信があります」

この2人が来たら、Aを採用するのは明らかです。

これは企業が求めている人材とマッチしていると言えます。

逆に、今度はウォーターサーバーなどを販売している企業の営業職だとBが採用される確率が高くなります。

今まで自分がやってきたことで培った技術をアピールするのは当然ですが、それによって「どう会社に貢献できるのか」をアピールしなければなりません。

その会社が何を求めているのか、職種によってもかなり違いがあるのでアピール内容が全て同じにならないように注意してください。

企業の経営理念などは覚える必要性はありませんが、企業が欲している人材に沿ったアピールが出来ると内定はもらいやすくなります。

内定が取りやすい人とそうでない人の場合、こういった部分にも違いが見られます。

正直、面倒くさいですが内定がもらえる確率は確実に上がりますから面接前に準備しておきましょう。

最後に

 

面接官は全てを見抜いているなんて言われていますが、まずそんなことはあり得ません。

これは「心理学を駆使して徹底的に内定を取りやすくする方法」にも書きましたが、その人の見た目・声のトーンや喋り方を見て見抜けていると思っているだけです。

しかも、会社によっては人事部がそもそもなくて、他の部署の人が面接するという場合もあります。

面接は思った以上に内容よりも見た目や第一印象が重要視されるので、面接前に服装を整え、発声練習をしておいてください。

自分に自信がなくても「自信あり気な態度」で面接に挑むと、仕事が出来そうな人物に思わせることが出来るのでハキハキと胸を張って喋ることを意識してください。

少しでも参考になれば幸いです。

その他の就活知識

コメントを残す