リベンジ就活!面接で落とされた企業にもう一度エントリーするのはありか


リベンジ就活!面接で落とされた企業にもう一度エントリーするのはありか

私はやったことがありませんが、面接で一度落とされた企業がかなり魅力的だった場合にもう一度応募してみたらどうなるのでしょうか。

個人的には一回落ちた会社はもうアウトな気もしますが、企業的にはどう思っているのか気になる部分です。

今回はその辺の事情に関してネットでの意見を含めまとめてみましたので、参考にしてみてください。

ぶっちゃけありなの?

 

いきなり本題になりますが、まずはネットの意見を見ていきます。

企業で人事を担当しています。
再応募はあまりお勧めしません。
再応募となると、自社への志望度の強さはわかりますが、ただそれだけです。
面接で落ちたということで、再応募してもおとされてしまう確率はさらに高いかと思います。

参照元:知恵袋

 

説明会は参加できるかも。
選考は落とされるだろうけど。
落ちたならこの会社とはどこか本質的に合わないんだと思わないと、今後もやってられないよ。

参照元:知恵袋

 

知恵袋なので信憑性は、まぁお察しの通りですが、やはり一度面接で落とされてしまった場合は、リベンジすることは難しいという意見が目立ちます。

しかしこんな話も。

ある時、このように悩んで悩んで、結局最終面接で不合格とした女子の学生がいました。面接の言動や表情から、最後の決め手となる 強い意志、やる気というようなものが、今ひとつ感じなかったことが気にかかっての結果です。不合格を告げたのですが、翌日意外な事態に発展したのです。不合格にした本人が翌日現れて、

「なぜ私は不合格になったのか?」
「私はやる気も自信もあるのにどうして?」

と、詰め寄ってきたのです。ほとんどない経験だったので戸惑いました。でも、そこまで言ってくる人はいないので、本気である証だろうと、再度面接をして彼女の本気度を確認し、めでたく復活内定となりました。

参照元:落ちてからが勝負!面接リベンジの実話

面接で落とされる理由はそれぞれですが、多くの場合は「やる気が感じられない」とか「すぐに辞めてしまいそう」といった能力面以外の理由です。

なので、この話のように落ちたにも関わらず再度受けたいと意思表示をすることは、やる気を感じられる行為なので企業によっては一発逆転もあり得るのでしょう。

 

しかし、例えば入りたいと思っていた企業に一次面接の段階で落とされてしまった場合は例え再度面接してもらえたとしても同じように落とされる可能性は高い気がします。

就活では一次面接、二次面接、最終面接、大企業では3次面接までやる企業もありますが、一次面接の段階で落とされたということは、悩んで落としたという可能性は低いということです。

逆に二次面接や最終面接まで行って落とされたのであれば、十分内定の余地はあったと考えられます。

つまり、ありかなしかで単純に考えれば、ありということになります。

リベンジ面接を成功させるには

 

仮に一次面接で落とされたけど、それでもその企業に入りたい場合、すぐに再度面接してもらうのもいいですが、それでは前と何も変わらないのでまた落とされる可能性も高いです。

 

現実問題難しいのは本当で、
正当な手続きを踏みたいなら同業他社に就職して、仕事を3年間フルに覚えます。
3年後に中途採用で履歴書を送ります。
採用枠がなくても、経験者、若い、意欲があれば、結構面接まではしますよ。

参照元:知恵袋

 

現在は、中途採用で第二新卒を募集している会社が多く、そのほとんどは新卒で不採用になった方を、中途では再度検討する方針を持っています。気にせずにエントリーしましょう。私が知っている例では、新卒では書類選考で落ちてしまった難関のエンターテイメント企業に、中途採用では見事内定を獲得した方や、新卒ではグループ面接の段階で脱落したが、中途採用後その企業の執行役員になった方がいます。その他にも、同様のパターンの方々が多数いらっしゃいます。

参照元:All about

 

もし、どうしても入りたいのであれば同業の会社で数年勤めた後に転職活動を行い、中途採用枠として再度応募するのが現実的だと思います。

 

以前と同じような履歴書の内容では熱意が伝わっていない可能性があるので、どれだけその会社に入りたいのか、自分がどういった面でその企業に役立てるのかを盛り込んだ志望動機を作成すべきです。

 

面接の時はあえて「以前受けたことがありますが、どうしても貴社で働きたいので再度応募させて頂きました」といったことを人事にアピールするのも一つの手です。

最後に

 

どうしても入りたいのであれば、なりふり構ってはいられません。

行動した結果、内定を貰える可能性があるのなら積極的に再度応募すべきとも思えます。

応募する方法は色々ありますが、企業の求人ページで再度申し込むか、直接電話して面接してもらえないか聞いてみるかでしょうね。

何年か働いた後なら企業の求人ページでエントリーする。

すぐに、また面接をしてもらいたいのであれば電話して面接してもらえるかどうか問い合わせるのが良いと思います。

そもそも、リベンジ面接自体珍しいことなので、それだけで企業に「やる気・熱意」を伝えることができ、アピール方法を変えることで内定を貰えるかもしれません。

やらないよりやって後悔、どちらが良いのかは明白です。

その他の就活知識

コメントを残す