面接官からの「それうちの会社じゃなくてもいいよね?」に対するベストな回答例とは


面接官からの「それうちの会社じゃなくてもいいよね?」に対するベストな回答例とは

「その志望動機ってうちの会社じゃなくてもいいよね?」

休職者にとっては絶望的な質問の一つとしてよく取り上げられている面接官からの質問です。

正直な話、就活生はいろんな会社を受けるのでこの質問に対して答えられなくて当たり前と言えば当たり前なのですが、しかし答えられなければ落ちる確率もそれだけ高くなります。

非常に厄介で、なんだか腹立たしいくらいですが、どんな風に答えたらベストなのか今後のためにも対策を考えてみました。

質問の意図

 

基本的に面接での質問には、必ず意図があり、基本的にはマニュアルに書かれた質問項目に沿って質問してきます。

「それうちの会社じゃなくてもいいよね?」という質問には

  • 他の企業の方が待遇が良かったらすぐに転職してしまわないか
  • ストレス耐性を見ている
  • やる気があるかどうかを見るため
  • 対応力を見るため

こういった思惑があるようです。

そういうのは 圧迫面接と言われるものの一種です
「それはうちじゃなくてもできることですよね? 」
と 面接官は 本気で思って問い掛けているのではありません
面接を受けに来ている方が 少し意地悪に思うような また少し答えに困るような 挑発するような質問をした際 どういう態度で またどのように答えるかを見ているのです

参照元:知恵袋

 

確かに、言われてみれば圧迫面接っぽい質問の仕方ですよね。

私の経験から言わせてもらえば、こういった質問をするのは10社に1社あるかないか程度ですが、志望動機が弱かったり、どこの会社にも当てはまるような内容だとツッコまれるイメージがあります。

ベストな回答例

 

本当にベストな回答例はこのツッコミをされないような志望動機を述べることですが、それでも意地の悪い面接官はツッコんでくることもあるでしょう。

→給与面が良かったから、福利厚生が良かったから

こういった答え方をすると、「じゃあ他の会社の方が給料が良かったり、福利厚生が充実していたら、転職するの?」とさらにツッコまれて、落とされます。

 

大切なのは、反論の余地がないような回答を心がけることです。

 

  • その会社が押していることを志望動機に盛り込む

例えば「うちは他の会社と違い、一元管理システムを採用しています」というアピールがあれば

「一元管理により、連携のミスを減らすことができ、その結果顧客満足度を高めるシステムに魅力を感じました」と言えばよいだけです。

会社の魅力については求人、あるいは会社のホームページにも書いてあるので調べるのは簡単です。

 

  • 風通しの良い職場の雰囲気に魅力を感じた

正直、実際に入社するまで社内の雰囲気なんてわかるはずもないですが、会社の写真等から職場の雰囲気が良さそうだったら

「社員同士が仲が良さそうだと感じ、こんな職場で長く働きたいと思ったから」と伝えるのも一つの手。

面接官は「いや、職場の雰囲気あんまり良くないよ」なんて言うはずもありませんから、ツッコませないという意味では効果的です。

しかし、全く職場の雰囲気が分からない状態なのにこういった部分を理由に挙げると「何をみてそう思ったのか」とツッコまれる可能性はあるので注意してください。

職場の雰囲気が良いというのは、仕事としても連携が取りやすく、社員のモチベーションも高いので仕事の効率が悪い職場に比べるとかなり差が出ます。

こういった理由を深く掘り下げていくと、表面上の答えにならず、理解してもらうことも出来るのでおすすめです。

 

面接官経験者です。
「当社でなければいけない理由」という質問には
「応募動機の確認とやる気の確認」
が潜んでいると思います。

つまり、その会社をしっかりと分析、理解して
志望したのでしょうから、その思いを聞きたいわけです。

「志望動機」と質問の趣旨は同じですが、この場合は
もっと「熱い思い」を確認したいのだと思います。

参照元:教えて!goo

 

まさにその通りだと思いますが、企業一つ一つにそこまで時間を割く休職者もいないと思います。

建前をあえて言わない

面接官からの「それうちの会社じゃなくてもいいよね?」に対するベストな回答例とは

面接官だって、志望動機の大半は建前であることはわかっています。

取って付けたような理由を見破ることは、何人も面接してきた面接官なら簡単でしょうね。

なので、最終手段としてはあえて建前で語らないことだと思います。

「それうちの会社じゃなくてもいいよね?」に対して「おっしゃる通りです。なので他の企業も受けています」

と本音を言ってもいいのではないでしょうか。

その上で、「内定を頂けた企業には恩返しをするためにも長く勤め、より会社に貢献したいと考えています」と付け加える。

そもそも、企業が求職者を選んでいるという図式自体に違和感を覚えます。

まともな会社であれば、図式的には「数ある企業の中から弊社を選んでいただいている」と考えるため、「それうちの会社じゃなくてもいいよね?」なんてツッコミはまずされません。

求人情報からブラック企業を見抜く方法や参考サイト

私の場合3人の面接官のうちの社長に同じような事を言われたが、どうしても入社したかったので
「ぜひ御社でさせて頂きたいと思い希望しました。会社の規定に、従います!」と言ったら面接官の3人とも笑わせてしまった…
それが今の会社( ̄ー ̄)

参照元:知恵袋

 

この質問にはやる気・熱意をとにかく感じさせることがベストな回答ですが、あえて本音を言うことで採用されることもあります。

下手に繕おうとすると支離滅裂な回答となり、それこそ落ちてしまう要因となるので、本当に困ったら本音で語るのもありだと私は考えています。

もし仮に、この質問に上手く答えられなった場合は、最後の「何か質問ありますか?」で「○○さんはどのような理由でこの会社に入りたいと思ったのでしょうか?」と逆質問してみると面白いかもしれませんね。

その他の就活知識

コメントを残す