夏の就活方法!クールビズ服装指定でもノーネクタイ・ノージャケットはNGか


夏の就活方法!クールビズ服装指定でもノーネクタイ・ノージャケットはNGか

就活していく中で、一年を通すと夏は本当に地獄です。

暑くてシャツはべた付くし、ジャケットやネクタイが着用かどうなのかもわからない。

企業から「クールビスの服装でお越し下さい」と言われても、本当にその格好で面接に行っていいのかも難しいところです。

ということで今回は夏の就活方法について、特に面接の際にどんな格好をすればよいのかについてご紹介していきます。

クールビズとは

 

そもそもクールビズって言われてもどんな格好かわからない方も多いでしょう。

男性の場合、通常は黒スーツにネクタイ、そしてジャケットは必須ですがクールビズの場合はノーネクタイ・ノージャケットというのが基本的な形です。

 

女性の場合はそもそもネクタイがないので、上着は脱いだ状態がクールビズです。

シャツに関して指定がないのがクールビズの難しいところですが、半袖だとラフ過ぎるという意見が多いことから、男性なら長袖、女性なら七分袖、もしくは長袖が良いとされています。

企業から特に服装指定がない場合

夏の就活方法!クールビズ服装指定でもノーネクタイ・ノージャケットはNGか

最近は夏に就活をすると企業側から「クールビズの服装でお越しください」と言われることも多くなりましたが、まだまだ指定をされない企業は多いものです。

この場合は必ずいつも通りの就活の格好で面接に挑むようにしてください。

男性なら上着を着て、ネクタイも必須。

女性なら上着必須です。

正直、めちゃくちゃ暑くてこっちとしてはたまったもんじゃないですが、我慢が必要です。

夏に就活する人は会社の最寄り駅までジャケットを手に持ってネクタイを外し、駅のトイレ等でネクタイを締め直してジャケットを着る人が多いみたいですね。

自分はすでに社会人ですが、今頃の街中で就活学生(らしき人)を見ると、
こんな猛暑の中でもスーツをビシッと着用して、しかもボタンをしっかりと留めてる人が多いですよね。しかも男女ともに…
移動中ぐらいはスーツを脱いで手に持ちながら歩き、ついでにネクタイも外してしまえばいいのに…と思ってます。
会社の訪問前にスーツを着用し、ネクタイも路地裏の人目のつかないところで締めればいいと思います。
会社の中でだけ、ビシッと決めてればいいんです。

参照元:知恵袋

 

ずっとジャケットを羽織るのは地獄なので、こういった工夫は必要です。

ここで気になるのが中に着るシャツの話。

ネットでは「シャツでも大丈夫」「長袖じゃなきゃ失礼」と意見が割れていますが、間違いなく長袖で行った方が良いと思います。

「ジャケット着ているからバレないのでは?」と思ってしまいますが、面接時に面接官からもし「暑いのでジャケットは脱いで大丈夫ですよ」と声をかけられたときに非常に困ります。

この時期、大半の企業はクールビズを
しているので、「どうぞ、暑いから上着は脱いでください」
と言われる可能性が高いです。
そこを「いえ!大丈夫です!」と意固地になるのも
変な話ですし、脱いだら半袖が判りますから、暑いしきついし
大変なのは判りますが、長袖シャツに上着を着る事ですね。

参照元:知恵袋

 

面接官はちゃんとしている格好なのに、こちらはジャケットを脱いだ瞬間場に適さない格好になってしまいます。

夏の就活方法!クールビズ服装指定でもノーネクタイ・ノージャケットはNGか

半袖って想像以上に面接には適さない格好ですからね。

「クールビズでお越しください」と言われたら

夏の就活方法!クールビズ服装指定でもノーネクタイ・ノージャケットはNGか

出典:http://blog.suit-select.jp/yamato-pross/159444

 

これに関しても「クールビズ指定をされていてもジャケットとネクタイは着用すべき」という意見が多いですが、全くもってこれは間違っています。

企業側がこちらに配慮して、服装を指定してくれているのにも関わらずこちらがそれを無視する・・・まるで言われたことも出来ない無能なヤツです。

無理して普段通りの就活の服装で言っても、相手に好印象を与えることはできません。

 

「クールビズ可」というような曖昧な表現をされている場合に悩む人も多いと思いますが、この場合も普通にクールビズの服装で大丈夫です。

相手がクールビズ=可と言っているのに、文句を言われたり、なぜか面接で落とされた場合は、そもそもその会社がブラック企業、もしくは服装以外で落とされたと考えてください。

ホワイトな企業はそんな理不尽な選考方法はしません。

ただ、先ほども言いましたがクールビズでもシャツは長袖を着るようにしてください。

半袖はいくらなんでもラフ過ぎます。

ちなみにそれでも服装で悩んだ場合はいつものネクタイ+ジャケット、女性ならジャケットを羽織っていくのもありです。

可ということは裏を返せば「別に普通の格好でも良いよ」ってことです。

さすがに「可能」と言われているのにいつもの就活の服装で注意されることはありませんし、無難な選択ですからね。

新卒の方はクールビズ指定・私服可と言われてもスーツを着る方がほとんどです。

学校等でそう教えられてるんですかね。

最後に

 

面接って印象が凄く大切って話を「心理学を駆使して徹底的に内定を取りやすくする方法」でもしていますが、それは身だしなみにも言えることです。

しかし、クールビズ指定されているのに意固地になる必要はありません。

ちなみに女性のクールビズの服装だと下着がシャツから透けて見えてしまう場合があるので注意が必要です。

それと「ジャケットを脱いでもいいですからね」と言われて適当に「バサッ」と放るのは印象が悪いです。

「素早く・畳む」ようにしてください。

あと、夏は汗はどうしても汗をかいてしまいますし、面接は緊張して体温が高くなるのでハンカチは忘れずに。

その他の就活知識

コメントを残す